妊娠出産による腰痛がリョウシンJV錠で治りました

二人目の妊娠と出産で腰痛に

一人目の出産は20代の時でしたが二人目は30代に入ってからの高齢出産でした。しかし20代の時と同じ感覚で出産後を過ごしていたら、乳児を抱き上げた時にまさかの腰痛を発症してしまいました。

腰痛に効く薬を探しましたが、母乳で育てていたので赤ちゃんに副作用が無い薬であることを第一条件に探したところ、妊娠中や授乳期にも栄養補給として効能があるリョウシンJV錠にたどり着きました。インターネット上でのクチコミの評判も良く、よくあるサプリメントと違い医薬品扱いだったことも気に入り、すぐに通販で取り寄せました。

 

妊娠や授乳期に必要なビタミンも摂取できる

リョウシンJV錠は医薬品として認められているシアノコバラミン、ガンマオリザノール、ピリドキシン塩酸塩が配合されています。これらが腰痛や関節痛、神経痛などを和らげるのでリョウシンJV錠を飲み始めてからは少しずつですが確かに腰痛が軽くなっていくのを実感できました。

更にビタミンB1、B6、B12が含まれているので授乳期に必要な栄養素も摂取できます。母乳で育てる以上あまり余計なサプリメントを飲みたくなかったので腰痛を治しながら栄養補給もできるリョウシンJV錠は子育て中の母親にはまさにぴったりな医薬品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です